【生姜】体を温め、風邪や食欲不振に効果的。冷え性の方にもおすすめ

5_back
しょうがはショウガ科の多年草。食用として根茎が使われ、食卓に不可欠です。漢方薬でも広く用いられ、『本草綱目《ほんぞうこうもく》』には、しょうがの性は温(五性の一つ)、味は辛(五味の一つ)、肺、胃、脾の経絡《ひのけいらく(気の通る道)》と関係することが記載されています。

しょうがの温性の効果は、体を温め、外から体内に侵入してきたウイルスなどを追い出します。その辛みは、風邪の初期に、頭痛、肩こり、鼻水、悪寒を感じるときに詰まった経絡やツボを発散、発汗させることによって、気や血液の流れをよくし、風邪を治します。あるいは、胃腸のぜん動が鈍い、消化不良、二日酔い、妊婦のつわりなどの症状を抑えます。

また、せきや気管支炎に使う「半夏《はんげ》」という劇薬を持つ生薬が、しょうがといっしょに水煮加工すると毒が消えることから、解毒作用があることがわかります。

なお、しょうがの身体によい成分は皮に多く含まれているので、皮をむかずに調理することをおすすめします。

——————————————

しょうがと卵の黒酢炒めの作り方

■材料
しょうが(皮付き) 20g、卵 4~5個、黒酢 120ml、うまみ調理料 適量、しょうゆ 小さじ4、砂糖 大さじ2、サラダ油 大さじ2~3

■作り方
1. ボウルに黒酢、しょうゆ、砂糖、うまみ調味料を混ぜ合わせ、みじん切りにしたしょうがを加える。
2. 中華鍋にサラダ油を強火で熱し、煙が出たら卵を割り入れ、約40秒間かき混ぜながらいためる。
3. 卵に火が通ったら、1を加え、さらに約1分いためる。

■冷え性
寒がりでいつも手足が冷たく感じる、冬はふとんに入っても一晩中手足が温かくならないなど、年齢を問わず冷え性でお悩みの女性は多いようです。中国医学では、冷え性の原因を貧血と血行不良の2つに分けています。

貧血の人は顔色が悪く、朝なかなか起きられません。また、めまい、けん怠感、胃腸の疲れなどの自覚症状があります。消化吸収機能低下による血虚症と考えられます。

血行不良による冷え性の人は、肩こりや手足のしびれ、関節痛、生理痛、ひざより下の足先の冷えがあります。血行が悪くて心臓より遠いところに血液の流れが行きにくいのです。

どちらの場合も食事で症状を改善できます。貧血の人はまず胃腸の調子を調えるきのこ類、レバー、ほうれんそう、鶏肉など、血行不良の人は、にんにく、たまねぎ、酢、豆類など血液をサラサラにする食材を食べるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です